五月闇の戦じゃんブログ

無料Flashゲーム「戦国じゃんぶる」などについて書く予定です。

2020年5月戦結果

課題地獄がやっと終わりを迎えました。

という一文を書いてから更に3週間ほど経過し、夏休みがやってきました。

 

遅れに遅れてしまいましたが、5月戦の戦績等をまとめておこうかと思います。

 

6月1日0時のランキング。

f:id:satsukiyami:20200727221421p:plain

 

僕が最後に見たリスト。1日4:50撮影。

f:id:satsukiyami:20200716220722p:plain

ここから187さんが貯金で追い抜いたらしく、お昼のリセ時刻(13:30頃)には1万点以上の差を付けられ、3位でフィニッシュでした。

6月1日から新学期で初日から遅刻したくないと思い、深夜は貯金せずゆったり下位消化してました。

今思えばどうせ起きてるなら貯金すべきでした。

次の日はもちろん寝坊しました。

 

対戦・被対戦についても振り返っていきます。

 

[対戦]

貯金:1敗

勝点順:dom、みるうぴゅ、山の主、強いでー、ax-b、おじゃる丸、軍人王の7敗(敬称略)。

 

取りこぼしが約6万7千点もあり、満足のいく結果ではありませんでした。

苦手意識のある山の主と強いでーには4月戦に続き連敗。どちらも虚報を釣りきれなかったことが敗因でした。

 

ところで、5月戦から初めて対戦動画を撮影してみました(非公開ですが)。

今までは敗北時に「攻めきれなかったけど理由は分からない」というモヤモヤに陥りやすく、振り返ろうにも「敵陣を攻撃できませんでした。」の画面が無慈悲に突きつけられるのみでした。

動画が残っていれば繰り返し再生して敗因を分析できるので、反省して次に活かす機会は圧倒的に増えますね。

 

早速色々と反省すべき点を見つけたので、次回参戦以降に活かしていきたいです。

 

 

[被対戦]

10万点未満: 8勝2敗

10万点以上:25勝14敗

 

被対戦は16敗でなんとか単独トップでした。

先月の反省を活かし、スナイプを極力受けない消化戦略と被対戦陣形の研究をしたことが報われたようで取り敢えずホッとしました。

 

しかし、どんなに気を付けていても運が悪ければスナイプは受けてしまうわけで、運の良さもあったなと思います。

最近のランキングを見てて思うのは、断トツに被対戦が強い軍団ってのは居なくて、ある程度まで兵力・対戦戦術・被対戦陣形を極めた軍団同士の実力は横並びのような気がします。

そして、有用な情報があってもそれを独占せず、むしろブログや動画等で情報を共有し、高めあうことの方が重視される時代なんだろうと思います。

 

僕はそもそもアウトプットが大の苦手で、基本はチャットに引きこもってゲームしてるだけでしたが、本当は自分の考えをまとめて記事にしたり、ローカルな知識をブログやwikiで公開して共有したりして、コミュニティを盛り上げる側に回れたら良かったなと思っています。

 

しかし、苦手なことに時間を費やしたあげく、完成させられず、それを無駄にしてしまうのもまた、僕の悪い癖なのです。

やはりこのままでは終われないので、年末までに、例のプロジェクトをなんとか完遂させたいと思っている所存であります。

 

なんか話が逸れてしまいましたが、5月戦の被対戦陣形がこちらになります。

f:id:satsukiyami:20200805191522p:plain
例によって突忍2、守・迎忍4、作砲2、他待機の設定です。

 

陣形を組むにあたって意識したことは、焙烙を1列目に集めて火力を集中させたこと、

梅が崩れにくいように1列目の砲撃を離して配置したこと、1列目にアクセスしにくくするために2列目に兵を置かなかったこと、などです。

 

最後に軽く戦績比較して終わりにしたいと思います。

 

比較対象は2位の187さんです。

f:id:satsukiyami:20200806174606p:plain

6000点差で僕の敗けでした。

消化し終えたときは差をつけたかなと思っていましたが、

深夜に187さんが通信の画像を貼ったときに、対戦成績に差があったことに気付かされました。

次の月(6月戦)は勝点順全勝で1位とのことで、お見事でした。

 

謎に長くなってしまいましたが以上にします。

それではまたね。

vs.平地 part.1 「技66焙」

やっと収穫と言えそうな収穫が来てくれたので更新します。

所持銭はpart0から300万以上増えました。かつてないペースです。

 

収穫以外

f:id:satsukiyami:20200524040604p:plain

記念すべき赤兵第一号。奮討のお得感大好き。体技戦NGなのでギャンせず。

 

続いてなかなか立派な鉄見待槍術。

f:id:satsukiyami:20200517121747p:plain

成長させましたが脚回逃いずれも付かず。

 

f:id:satsukiyami:20200524044817p:plain

f:id:satsukiyami:20200524044833p:plain

鉄見になっとけ遠射2体。

 

f:id:satsukiyami:20200523234459p:plain

3つ星兵への憧れってやつです。見逃してください。 

 

f:id:satsukiyami:20200524061137p:plain

ギャン失敗術。

突設定にしたら撃退させた兵をそのまま討取ってて、やっぱり討取も星なんだと再確認しました。

 

真面目な話、与ダメージを増やす方法が限られたこのゲームで、たった10(槍弓なら7)の禄高で1ダメージ増やせるって、体5以下の制限を加味しても強くないですか?

他の能力数を維持しつつ討取を増やしていくことが、僕はこのゲームにおけるエンドコンテンツの一つであるとさえ思っています(なお達成率: 1/30)。

 

収穫

f:id:satsukiyami:20200517121900p:plain

良さげなギャン焙烙。かわいらしいですね。

基準には星一つ足りていませんが、70-4膂鉄見+α焙は出したことが無いので登用。

 

f:id:satsukiyami:20200524042955p:plain

ナイス見切!!

f:id:satsukiyami:20200524043204p:plain

体技72-66まで伸びました。素晴らしいですね。

 

技量が1足りないような気もしますが、実際のところどうなんでしょう?

技67が常に3秒(間隔)撃ちなのに対して、技66は普段3秒撃ちで、1度だけ4秒撃ちが挟まる仕様*1になっています。

また、技66は計算上だと初撃*2に必ず4秒かかるため、これは被対戦に影響が出る可能性もなくはない気がします。

 

砲撃に関しては技59膂連守を解雇したように、僕は連があろうがなかろうが技量重視で4秒撃ちを許しませんが、焙烙は・・・。

一旦は気にしないことにします。裏焙が平地焙の分まで撃ってくれることでしょう。

 

 

part.1は以上です。

 

当初の目的である禄高削減はやはり叶いそうにありませんが、平地放置はもう少し続けます。退却できないもどかしさより、課題がついでに進む嬉しさの方が上なので。

 

ではでは。

 

追記(2020/05/25): 技量比較の箇所に誤った記述がありましたので修正しました。何か間違いがあれば、コメ欄かチャットでご指摘ください。

*1:97秒目に撃った後、4秒休んで101秒目に撃ちます

*2:どのタイミングが初撃にあたるかは未確認